バーリーズ

ワインの飲み方とマナー 気をつけるべきタブーとは?

お問い合わせはこちら ご予約はこちら

東京都調布市布田1-50-1マートルコート調布3-1F

ワインの飲み方とマナー 気をつけるべきタブーとは?

ワインの飲み方とマナー 気をつけるべきタブーとは?

2023/12/19

ワインは、世界中で愛される高級なアルコール飲料のひとつです。しかし、その美味しさを堪能するためには、正しい飲み方やマナーを守ることが重要です。また、注意すべきタブーもあります。本記事では、ワインの飲み方とマナーについて詳しく解説し、知っておいて損のないタブーについても触れていきます。

目次

    ワインを飲む前に知っておきたい基本のマナー

    レストランでワインを楽しむ際には、マナーを知っておくことが大切です。まず最初に、ワイングラスの持ち方に気を付けましょう。グラスの柄部分を持つのではなく、軸を握って持ちます。また、ワインを注ぐ際には、グラスの半分程度まで注いで、香りを楽しみながら飲みましょう。飲む際には、グラスを持ち上げて口元まで近づけ、小さく口を開けて飲むようにします。飲み方には個人差がありますが、激しくかき混ぜるような動きは避けましょう。また、ワインに合わせた料理を選ぶ際には、ワインが主役となるような品を選ぶことがポイントです。このようなマナーを守りながら、ワインを堪能しましょう。

    ワインの温度やグラスの選び方に注意!

    レストランでワインを提供する場合、温度やグラスの選び方に注意することが重要です。ワインの温度は、種類や年数によって異なります。例えば、白ワインは冷やした方が美味しく、赤ワインは部屋の温度で提供するのが一般的です。また、グラスの選び方もワインの味わいに大きく影響します。グラスの形状や大きさによって、香りや味わいが変わるため、適切なグラスを用意することが大切です。レストランでは、サービスの一環として、お客様がより美味しくワインを楽しめるように、適切な温度で提供することや、適切なグラスを選ぶことが求められます。素敵なワインタイムを演出するためにも、ワインの温度やグラスの選び方をしっかりと考慮しましょう。

    ワインの深い色を楽しむために注意するべきこと

    ワインを注文する時、一番に目に入るのは何と言っても色ですよね。濃い色合いのワインは、色とりどりの料理と相性が良く、食欲を刺激してくれます。そして、深い色合いのワインを楽しむためには、注意するべきことがあります。 まず、ワイングラスを選びましょう。ワイングラスは、色や香りを引き立てるために、薄くて透明で深い器がおすすめです。また、光の当たる明るい場所よりも、暗い場所にグラスを置くと、色合いがより際立って見えます。 次に、ワインの温度を調整しましょう。赤ワインは常温、白ワインは冷やして飲むのが一般的ですが、温度が高すぎると色合いが変化してしまいます。暑い夏場は、冷やしすぎないように注意しましょう。 最後に、深い色合いのワインは、熟成期間が長いものが多いため、古いワインを選ぶことが大切です。古いワインは、色も引き締まって深みが出てきます。 以上のポイントを押さえ、深い色合いのワインを存分に楽しみましょう。

    ワインと食事のマリアージュに付きまとうタブー

    ワインと食事のマリアージュには、食事とワインの味わいが調和するために考慮すべきタブーがあります。まず、全ての料理に合うワインというのはないということです。例えば、魚介類と赤ワインを合わせるのはマリアージュの基本ルールですが、酸味の強い料理には赤ワインは合わず、白ワインが良いでしょう。 また、ワインの温度もポイントです。白ワインは冷やして飲み、赤ワインは室温で飲むといわれていますが、実際にはそれぞれに最適な温度があります。温度によってワインの香りや味わいが変化するため、適温を知っているとよりマリアージュを楽しめるでしょう。 更に、ワインの種類もポイントです。料理に合わせるためにワインの種類を知ることが大切です。例えば、辛い料理には甘口のワインが合い、味の濃い料理にはタンニンの強いワインが合います。料理にあったワインを選ぶと、食事とワインのマリアージュがより深まります。 以上、ワインと食事のマリアージュに付きまとうタブーをお届けしました。レストランでのディナーにおいて、ワインと料理のマリアージュを楽しむためにも、ぜひ参考にしてください。

    ワインの飲みすぎに注意!健康にも悪影響を与えることも

    ワインは、美味しく飲むことができるだけでなく、リラックス効果や抗酸化作用が期待でき、健康に良いとされています。しかし、過剰摂取は身体に悪影響を与えることもあります。例えば、アルコールの摂取量が増えると、肝臓や脳にダメージを与えることがあります。また、副腎皮質ホルモンの分泌を促進することから、高血圧や糖尿病のリスクが高まるという指摘もあります。そういった健康面でのリスクに注意しながら、適量のワインを楽しむことが大切です。レストランでの飲酒は、お客様の健康を考慮して、過剰摂取を防止する配慮が必要です。アルコールの強さや量についての情報提供、飲み方のアドバイスなど、スタッフが積極的に支援することが、お客様にとっても良いサービスとなります。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。